読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少子老害社会

今の日本を「少子高齢社会」と表現するのはもう生ぬるい。高齢では済まされない問題がありありとある。

高齢化が引き起こすトラブルは増え続けている。人口の高齢化に伴う問題発生は、どうやら私がかつて想像していたものより上を行っている。

終身雇用と年功序列によって無能なくせに上の椅子に座り続ける奴ら。

時代の流れについていけないのを、若者をあからさまに批判することでごまかす奴ら。

過去の栄光にすがりつき、今現在と未来から目を背けて偉そうな態度をとる奴ら。

些細な事で延々と逆ギレする奴ら。

相手が自分より年下という理由で上から目線になる奴ら。

…私が思っていたのは、単純に若者や社会人が高齢化を支えきれなくなっていくものだと思っていた。しかし、実際に高齢化でおきる問題の本質は、高齢者にあると分かった。

仕方がないで済ませるのは嫌いだが、高齢者が些細な事で逆ギレするのには理由がある。

前頭葉の劣化だ。

前頭葉は理性を保つ働きをする。老化すると、それが上手く機能しなくなるため、いわば前頭葉がまだ未熟な子どもと同じような状態になるわけである。

それが原因で、気分を抑えられなくなる。「最近の若者はマナーがなってない」と言う人ほど、マナーがなってない。このような場面では、高齢者は大抵キレている。

よく聞くのが電車の優先席の話だ。座席を必要としている人が優先的に座れる座席がある。当然、若者であっても足が重傷だったりすれば、優先席に座っていい。

しかし、高齢者はそこまで頭が働いていない。優先席に若者が座っていると、若者という理由で「席を譲れ」と言い出す。彼らの言い分は「高齢者に優しい社会を意識しろ」だろう。否、今の日本はむしろ「高齢者に甘い社会」だ。

老害を是正する気がないのは、国を見れば分かる。政治も高齢者向けの政策しかしない。だから若者が社会に恵まれず、その環境をいつまでも引きずっている。勘違いするな。若者が政治に興味を示さないのではない。国が、若者が政治に興味を持てる構造になっていないのだ。縦の関係を重んじる部分と、年上の顔を立てる国民の意識で分かる。

どういうことか。簡単に言えば、日本人は若者の夢を素直に応援しないのだ。大体の人間は否定ばかり。これが若者の意欲や活躍の機会を奪っている原因なのだ。

その上、「若いうちの苦労は買ってでもしろ」の一点張り。そんなもの、福祉の世界ではタブーな考え方だ。本来は老若男女幸せでいられる社会であるべきなのに。苦労とは好き好んでするものではない。やむを得ずにするものだ。自ら苦労へ飛び込んでいく人は、我々に分かりやすい言葉で言えば、

ただのドMだ。

政治の話に戻るが、未来のない世代の人間のための政策をして、それが一体何になる?どうせ後少しの寿命なのに。

迷惑な話は病院にもある。日本ではなぜか安楽死が望まれていない。可能であれば何が何でも生き延びさせようとする。例え本人の意思を無視してでも。

延命措置のために病院にへばりつく高齢者のせいで、他に治療を必要とする人々の枠がなくなる。寝たきりになって、何が楽しい?

極め付けは、最近よくニュースになる高齢者の運転事故。身体能力老化しているのに、まだ運転を続けるのか?彼らの事故のせいで、若い命を落としている事例まであるのに、これでは最早高齢者が社会を牛耳っているようなものじゃないか。

高齢者は時代が変わって生きにくいと言うだろうが、生きにくいのは高齢者に潰される若者だ。

社会はいつだって、一番可能性を秘めた世代を中心に回る環境を作るべきだ。厳しすぎる上下関係は、結局無駄な問題を生み出すだけ。

だから私は思う。

高齢者は、若者の敵だ。

カジノを解禁させないと言う人たち、まず労働環境に目を向けたら?

ルール 将来の生き方 世間

ここ最近日本でもカジノを合法化しようとする動きが高まっている。

なぜこれまで日本ではカジノが禁止されていたのかという話だが、それは簡単に言えば労働意欲を持たせるためである。誰かがカジノで多額を勝ち取ったと知れば、こちらは働いているのにと不公平を感じ、労働意欲を失う。また、労働ではなく、カジノを通してお金を得ようとしたり、カジノのためのお金を犯罪行為で入手したりするという問題があるらしい。

だが、私は労働意欲に関して思う。

別にカジノがあってもなくても、少なくとも今の若者にとって日本の労働環境は労働意欲を喪失させる状況にある。

長時間労働が常態化して、残業が当たり前、しかもそれが良いとされる有り様。

終身雇用と年功序列によって、対して有能でもないくせにデカい面して上の椅子に座り続ける老害

部下が苦しんでも本人の弱さのせいにする上層部。

客の要求が絶対。実現できなければ即クレーム。

保護法益ではカジノ禁止について「 国民の射幸心を煽り、勤労の美風を損い、国民経済の影響を及ぼすから 」と説明しているが、こんなものが「勤労の美風」などと言えるのか?日本人は今日までこれらの労働環境を「勤労の美風」などとほざいてカジノを禁止してきたのか?

カジノを禁止する理由に労働意欲の問題を持ち出すなら、まずは労働環境を改善するべきだ。今のままじゃ、カジノがあってもなくても、労働意欲なんて大して変わらないから。

日本人の音楽センスの世界とのズレ

音楽

音楽の良し悪しを決めるとき、日本人は歌詞ばかりに注目している気がする。しかし、仮に言葉次第でどうにかなる問題なら、そもそも音なんて必要ない。歌詞が重要だと思い込むから、音作りがおろそかになる。正直な話、私には邦楽がどれも同じようにしか聴こえない。

 

これが邦楽が世界で通用しない理由だろう。

 

邦楽と洋楽を比べると、どうしても洋楽の方が完成度が高く感じる。

 

大体、歌詞の内容次第で良し悪しが決まる音楽では、同じ内容の歌詞を持つ音楽しか売れず、バリエーションに欠ける。

 

日本人にとって、音楽とは歌ありきなのか?

 

私は、本当の音楽は歌など関係ないと思っている。日本語は音を楽しむと書いて音楽なのだから、歌ではなく音を楽しむべきではないか?

麺は音を立てないのが確実

マナー

日本では、麺は音を立てて食べるのが良いとされているが、外国ではそうではない。しかし、私が気になるのは、麺は音を立てて食べる「べき」という意見や、麺は音を立てて食べるのが「マナー」という意見があること。これが分からない。

確かに日本では、麺は音立てることで食欲がそそられたりする見方もある。しかし、それが一体何だというのか?音を立てて食欲をそそらせるのがマナーだと言いたいのか?私なら待ったをかける。

よく麺をすするのは日本の「文化」と言うが、それが人を不快にさせているのであれば、文化と呼ぶには相応しくないと捉える。文化なら何をしてもいいというわけではない。「人がされて嫌なことはしない」というコミュニケーションスキルの信念に基づけば、例え文化と呼ばれている行為も、人が嫌がるならやめるべきだ。

大体、音を立てないことが人に迷惑をかけることにな繋がらない。早い話、音を立てることと、食欲がそそられることを関連付ける人は、偏見に近い。別に麺が好きな人は音がなくたって食欲が湧くし、嫌いな人には音は迷惑だろう。

少なくとも、音を立てなければ誰にも迷惑をかけない。その上、グローバル社会の今、音に関するマナーぐらいは意識すべきだ。

グリーン車と子ども

マナー ルール

新幹線や特急列車には、良質な設備を搭載した特別車両「グリーン車」がある。特急料金に加えて、設備に対してかかる「グリーン料金」を支払うことで利用できる。

勿論、普通車よりも快適な空間であるが、どうやら人によっては必ずしもそれが保証されているようではないらしい。彼らが悩まされている問題がある。

子どもはグリーン車に乗っていいか否か?

せっかくグリーン車に乗ったのに、逆に不快な思いをしたという人が何人もいる。その主な原因は子どもにあるようだ。

その原因とは、単純に声がうるさいというもの。子どもはまだ公共のマナーが未熟で場をわきまえることができず、騒いでも人に迷惑をかけているという自覚がない。医学的に言えば、子どもは脳みその一部であり、理性を保つ働きを起こす前頭葉が未熟であるため、その場その時の気分に流されやすく、我慢ができない。これらが子どもが騒ぐ原因である。

確かに公共の場で人が騒ぐのは迷惑だ。グリーン車は設備のサービスであるが、普通車に比べて合計料金が高く、普通車よりも利用率が低くなるため、それ故静寂になることが多い。この性格を考えると、グリーン車は静寂という部分にも料金を支払う意味があると言える。

そう考えると、子どもに騒がれればグリーン車のために支払った料金が無駄になった気分になるのも分かる。

しかし、どの鉄道会社にも、子どもをグリーン車、乗せてはいけない規定はない。法律的に子どももグリーン車に乗れる。ただし、運賃と特急料金とは違い、グリーン料金は年齢を問わず同額である。

とはいえ、公共の場では静かにするべきだ。グリーン車に限らず、こういう場所では親が子どもを落ち着かせる必要がある。例えば騒ぎ出したらデッキに連れて行ったり、わざと寝かしつけたり。

ただ、第三者も可能な環境であれば音楽を聴くなどして周りの音を遮断する手もある。

これらの方法で大体は解決するだろう。

最後に、子どもがグリーン車に乗ることに否定的な人の意見の中に「小さい頃から贅沢をするな」というものがあるが、この理由はナンセンスだ。子どもの心の成長は親の教育次第であり、贅沢をしたからといって心の出来が悪くなるわけではない。最も、親に連れられている子どもが、自分がグリーン車という優等車両に乗っていること自体、親に言われない限り気付かないだろう。

「苦手克服」はお金と時間のムダ

将来の生き方

人には必ず長所と短所がある。
人には必ず得意と苦手がある。

それは生まれ持った素質である。なぜなら得意と苦手は人それぞれ違うから。過去の経験は関係ない。

そして、得意と苦手は本人の個性でもある。なぜなら得意と苦手は人それぞれ違うから。その個性はその人の感性である。

だからこそ、その個性は最大限に生かすべきなのだ。

しかし、残念なことに日本社会はそれが上手くできない構造になっている。長所を伸ばすよりも、「苦手がないこと」が重視されてしまっている。

日本の義務教育9年間は誰であろうと、国語、数学、理解、社会、英語を満遍なく学ばされる。正直社会に出て役に立つ分野なんてほんの一握りしかない。なぜ将来自分にとって役に立たない学問を習う必要があるのか?欧米では自分好みの分野を学べるというのに。

第一、苦手克服は、日本人の無個性を象徴している。せっかくの長所をほったらかしにして、好きでもない短所を伸ばすなど、何が楽しいの?長所があるなら、それを生かせる仕事をすればいいのに。日本人は人を評価するとき、どうしても短所に目が行きがちだ。

こういうことを考えるとき、私はいつも「合理性」を重点に置く。

合理性がどういうことか。例えば、子どもの頃はよく「好き嫌いをしないで食べろ」と教わるだろう。世間では好き嫌いは良くないこととされているが、私は悪いこととは思えない。

人それぞれ味覚は違うし、最もな話、味覚は人の意思で変えることなどできない上、味覚でさえ人の個性である。

牛乳にはカルシウムが含まれている。カルシウムは骨を丈夫にするには重要な栄養だ。だから広く国民に飲まれている。

しかし、中には牛乳を「嫌い」だとか、「まずい」だとか言う人もいる。それは当然のことだ。だからといって、好き嫌いをするなでは彼らは納得しない。

よく考えてほしい。カルシウムを含む食材は牛乳以外にいくらでもある。カルシウムをとるために牛乳を飲むのが嫌なら、ヨーグルトを食べればいい。魚類でもいい。牛乳の嫌な味を避けつつも、同じようにカルシウムをとる方法があるというのに、好き嫌いをするな、なんて言えるか?

念のため断っておくが、こういう話をすると、「貧しい国の人達は食べ物がなくて苦しんでいるのに、せっかく手に入る食べ物を嫌いという理由で放棄するな」という輩が出てくるが、そういう次元と一緒にしないでほしい。食事で大切なのは「楽しさ」である。嫌いなものを無理やり食べさせようとしたら、食べさせられる本人は、食事で嫌な思いをするだけだ。どうせ食べるなら、美味しく楽しい方がいいに決まってる。

なぜこういった「合理的な考え方」ができないのか。

私の心にへばりついていることがある。マーケティング論においては、「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント」という経営理論がある。それは「金のなる木」「花形商品」「問題児」「負け犬」の4つに分けられる。

そのうち、「負け犬」とは、その企業が競合他社と競い合っても負ける要素であり、個人単位で考えれば、まさに「苦手分野」である。

マーケティングの世界では、負け犬の要素では勝てないから、それは捨てて別の手を打つべきと言われているのに、なぜ個人単位ではその負け犬を伸ばそうとするのか?私には理解できない。

どうせ、人のスキルのうち、社会で役に立つ分野なんて一握りしかないのに、苦手分野がないというどうでもいいステータスのために苦手克服するなんて面倒だし、何よりお金と時間のムダだ。

我々は個性を尊重するべきなのだ。我々はクローン人間ではない。人の体内から生まれた、人工的な手をかけられていない100%自然な人間なんだ。自然に生きていれば、無意識に長所を生かし、短所は捨てる行動に出るはず。その長所短所を矯正する権利は誰にもない。

苦手克服など、死んでもごめんだ。

流行語大賞は最早主観でしかないのか?

世間

私はもう流行語大賞には失望した。

去年のトリプルスリーだけならまだ我慢出来たが、今年まで野球関係のものが選ばれたのは予想外だった。もう来年からは流行語大賞なんて期待しない。どうでもいい。

俺は気付いたんだ。流行語大賞なんて、所詮主観なんだと。

どうせ去年も今年も審査員の主観で選ばれたワードなんだろう?自分の中で流行っていないという人の気持ちは分かりはしない。

審査員が野球関係者だという疑惑を抱いたまま、私は流行語大賞に見切りをつけるのであった。